カナダとアメリカの動きは?

カナダ4-6月期四半期国内総生産(GDP)と
アメリカ7月個人所得が発表となりました。

他にももっと大きな発表はあったのだけど、
今回はこの2つに絞って行きたいと思います。

カナダのGDPの方は予想1.6%に対して1.7%という結果に。
しかしこれは前期比年率での話。

前月比を見てみると−0.4%という予想に対して
−0.5%と少し下がってしまいました。

発表後カナダドル/円は93.16円から
93.19円と若干あがったものの、
今では発表前とほぼ同じ93.15円となっています。

アメリカの7月個人所得では0.2%の予想に対して
0.1%という結果に。米ドル/円は98.2円台から
98.1円台へと下がりはしたものの、
落ち着きを取り戻し現在は98.2円台まで持ち越しました。

特に大きな動きは無く、一安心と言った所。
しかしシリアの事もあり不安定な感じがするのは否めない。
嵐の前の静けさじゃなければ良いのだけど。