通貨レートは、小幅な値動きをするものです。

通貨レートって、そんなに大きく動くものではありません。小幅な値動きをしていくものなのです。一日で10円上がるなんてことが起こったときは、社会経済的に何か大きな動きがあったときで、その時に旨く売買できると大きな利益を導き出せますが、めったにそんなチャンスは訪れないのです。

ですから動きが小さいので、レバレッジを聞かせて利益を膨らませようと考えますが、思ったように動かないと大損をして、次のトレードどころではなくなってしまうのです。ですからデイトレードからスワップ金利差を狙う長期戦に切り替えるのも旨みのあるFXとしてはありなのです。

そしてスワップ狙いを考えるなら、どの通貨ペアーにすればですが、FX会社ではランキング順に表になっていたりするので、参考になるのです。オーストラリアドルなんて良いと思いませんか?

ちなみに、自分にあったFX会社はどこか迷っているという人には以下のサイトがおすすめです。それぞれのFX業者についてうまくまとめられているのでよく見て自分のお気に入り業者を見つけてみてください。

http://fxtrend.jp/itiran.html

声を大にして

3連休明けの日経平均株価は1万6,492.15円と、
前営業日比-27.14円となりました。

午前中は1万6,5000円台に着けていたものの、
ビッグイベント前ということもあり、
様子見ムードとなりました。

ドル円も101.9円~102.0円とほぼ動かず。
やはり勝負をかけるとすれば、
日米の金融会合でしょう。

しかし大嵐直前になり、
気になるニュースが…。

まずは北朝鮮での核実験。

向こうは「衛星だ」って言って聞きませんけど、
誰がどう見てもミサイルじゃないかという
激しい突っ込みが入ってます。

そしてアメリカでの相次ぐ爆発事件。

これらの要素が組み合わさっているお陰で、
投資家達は動くに動けない状況。

もういい加減にしてくれ!
と、声を大にして叫びたい気分です。